« AIDEESモデル | トップページ | WEB2.0とサイバーエージェントとドロップシッピングと »

2006-05-18

ドリコム×セプテーニのセミナーに行ってきました。

5月16日(火)に行われたドリコムとセプテーニによる、合同セミナーに参加してきました。

題して、「Web2.0時代のウェブビジネス勝利術」。

会場は300人を超す参加者で大盛況でした。

 

自分も一応、老舗のIT系の企業に勤める一員ではありますが、新興系のIT企業との雰囲気の差をすごく感じました。

皆さんカッコいいし、綺麗だし。若さに溢れてましたですね。

第三世代と言われている彼らですが、自分の所属する組織との歴然とした差と言うものを感じました。

生まれ育った環境も全然違うし、やっぱり発想そのものが全然違うんだろうなー、と。

 

ドリコムの内藤社長は若干27歳。

初めて実物を拝見しましたが、とても時価総額961億を稼ぎ出す会社の経営者とは思えないほどの若者でした。

しゃべり方も普通のお兄さんと言う感じだし、ぎすぎすした感じも一切ないし、いたってスマート。

しかし、その発言からは、きちんと信念を持って活動しているんだなという感じを受けました。

学生さんも多く参加していたようですが、こういう若くて成功している経営者の姿には、それは強烈な憧れを頂くんだろうなー。

  

僕がこの手のセミナーに参加する時は、世の中の動向を知ると言う目的もありますが、何かその中から一つでも得られるものが無いかなという期待感を持って参加します。

今回のセミナーでは、内藤社長の発言の中にいくつかピンと来るものがありました。

ユーザの立場から(使う側の立場の人から)見た場合のサービスのあり方について問われた時、彼は、

これまれのインターネットは”見る”ツールだった、そして現在は”使う”と言うフェースに移った。そしてこれからは”活用する”時代に移っていく。ユーザが活用できるサービスが今後求められるのではないか。

と語った。

ようは”ユーザ参加型”のサービスが今後求められてくると言うことだ。

WEB2.0という言葉がもてはやされているが、正にインターネットの本質である時間と距離を越えた”双方向性”が、個人対個人の世界で実現されつつある。

その現象は会社の中にも起こりつつあり、これまでのようなトップダウンのやり方だけでなく、社員の個人個人の知性が集結され、サービスを生み出すと言うようなことも起こりつつあると言う。(社員参加型、という表現を使っていた)

上司の顔色ばかり伺いながら仕事を進めていく従来の組織では、全く考えられない手法ですよね。

また、新しい”仕組み”を一つ作り上げることが出来れば、それがユーザの支持を得て、たった一つのサービス(仕組み)であっても、大手の提供するサービスをも凌ぐような利用率を稼ぎ出すことも出来る、と言うことも行っていました。(動画掲載サイトである”YouTube”の例を挙げていました)

確かに、今話題になるベンチャー企業は、どれもこれまで大手が手をつけてこなかった領域で成功していますよね。それもたった一つのサービスで勝負をかけ、成功している例が多い。

インターネットを”見る”時代には、あれもこれもワンストップで提供してくれる総合型のサービスが求められていたが、時代は変わり、ユーザに”利用したい”と思わせるサービスを提供できた者が勝利をつかむ時代なのでしょうね。

(要するに顧客の声にどれだけこたえる事が出来るのか。商売の基本ですが、この基本が出来ていない企業がどれだけあることか…。)

 

そして最後に、自社の強みについて聞かれたとき、彼はなんと

「ものづくりだ」

と答えた。

ソニーがウォークマンを作ったり、任天堂がファミコンを作ったりしたのと同じように、凄いものを作り出したい、と、自分の言葉で語っていたのが印象的でした。

日ごろ、やっぱり日本の企業の強みはものづくりかなぁ、と最近漠然と思っていたところだったので、今をときめくIT企業の社長のクチからこういう言葉が出てきたので、ちょっと驚きました。

ステージは全然違えども、ものづくりを目指す企業として、応援したくなりました。

これから「ものづくり」をちょっと意識して、いろいろと考えをめぐらせて見ようと思います。

« AIDEESモデル | トップページ | WEB2.0とサイバーエージェントとドロップシッピングと »

eマーケティング」カテゴリの記事

コメント

当方ブログへのご訪問、ありがとうございました。
「3人の中で男前だと思うのは?」の時に、「上原さん」に一票入れたものです。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドリコム×セプテーニのセミナーに行ってきました。:

« AIDEESモデル | トップページ | WEB2.0とサイバーエージェントとドロップシッピングと »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック