« ドリコム×セプテーニのセミナーに行ってきました。 | トップページ | メルマガを書いてみて。 »

2006-06-26

WEB2.0とサイバーエージェントとドロップシッピングと

暫くぶりの更新になってしまいました。

最近、WEB2.0の特集が、一般誌でも取り上げられるようになってきましたね。

どうしても話題が先行してしまうのがこの世界。ネットバブル2.0にならなければ良いですが。

最近では、東洋経済で、「35歳以上のためのWeb2.0」という特集が組まれており、読んでみました。

35歳以上という表題にしているくらいなので、分かりやすく解説しているんだと思いますが、やっぱり素人には難しい内容だなぁと思いました。

今回の特集で面白かったのは、独自採点で、各ネット企業の「WEB2.0度」を評価しているところ。

1位はもちろんGoogleです。

私も、とあるIT企業に勤めさせて頂いているのですが、うちの会社はこの採点では、1.05点でした。

「典型的なWEB1.0企業」と評されており(ばれてしまいますね)、まあそのとおりだなぁと納得できてしまうのが、ちょっと悲しい。

内部にいる人間からすれば、正直なところ1.0にも達していない、WEB0.8くらいかも知れません。。

今のままでは本当にやばいと思います。

そんなことを考えている中、サイバーエージェント(CA)の記事が目に入りました。

サイバーエージェント、ドロップシッピング事業に向け100%子会社を設立 」(CNET Japan)

CAって、ネット広告企業だと思っていたのですが、いろんな事業を次々と立ち上げてるんですね。

そのスピード感は目を見張るものがあります。

典型的なWEB1.0企業とWEB2.0企業の違いは、ここにあるんだろうなと思います。

新しいものをどんどん取り込んでいく柔軟な姿勢と、それを実現させる決断力とスピード。

社長である藤田晋さんの有名ブログ「 渋谷ではたらく社長のblog 」 をたまに読んでいるのですが、やはりスピード感の大切さを謳っています。 (→ 『業務連絡。その1』)

また、NIKKEI NETにこんなインタビュー記事もあり、興味深く読みました。

「メディアに転身」――ネット広告代理店が目指すそれぞれの道(1) (NIKKEI NET)

売上の3分の2が自社で運営するネット媒体だなんていうからもっと驚き。単なる代理店に終わらせず、きちんとビジョンが描けているからなんでしょうね。

Amebaブログは既に120万ユーザも獲得しているっていうし。

感心します。

ああ、そういえば藤田さんて僕と同じ年何だなぁ。

一度会ってみたい気がします。

« ドリコム×セプテーニのセミナーに行ってきました。 | トップページ | メルマガを書いてみて。 »

eマーケティング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私もWeb2.0に興味がありますが、「これがWeb2.0」っていうものがないので、
いろんな人の考え方を参考にしたいと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEB2.0とサイバーエージェントとドロップシッピングと:

» これからのコミュニケーション [広告プランナーの日常]
こんにちは。X3です。 Web2.0の続きのお話。昨日のブログでもチラッと触れま [続きを読む]

« ドリコム×セプテーニのセミナーに行ってきました。 | トップページ | メルマガを書いてみて。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック